imanokimoti’s blog

せどらーの日常を思いのままに・・

ジャンクせどりってまじ稼げるわろた。

ありのままで・・

 

日々生きていると 毎日が新しい発見だったりする。

会社に勤めてたり 学校に行っていると 会社や学校というルールの中で生活するからある程度は同じ繰り返しだ。そんな中でも発見はあるのだけど 学業やらノルマやらに追われて

発見を発掘できない。

ただしたいように やりたいように ありのままに生きていると 毎日発掘できる。 気になったらトライできる。駄目だったらすぐやめれる。 一人でやるのは大変だけど

自由でもある。発掘の繰り返しの中で自分の夢や 目的や 未来の自分が見えてくる。

だから発掘のチャンスは逃さない。 そう せどれる商品は逃がさない。

せどりでもいろんなジャンルがある。

 

  1. 古本せどり
  2. 家電せどり
  3. ホビーせどり

他にもたくさんあるんだけど 中でもジャンクせどり

は上級者向けではあるが、知識さえあれば ローリスクハイリターンを可能にする、素晴らしいせどりだ。

基本的にお店や ショップなどで壊れてる商品を買いつけ 直して相場で販売という感じだ。

ヤフオクなどでも 通常2,3万する商品でも 通電しない 汚れがひどい 割れがある等の理由で格安 10分の1くらいの値段で落札されている。

基本的にああいうジャンク品は専門業者が落札して修理して販売している。

 

例えば電気に詳しかったり 手先が器用だったり 何か奏でるものがあるならば得意分野を生かしてジャンク品仕入れて修理工場をしても面白いと思う。

中には電池入れたら普通に動くとか、接触不良とか2秒で治るジャンク品とかもある。

 

普通に使える商品を買って 売るだけだったら なんか社会への貢献感だったり 人の為 とかそういう意識が薄れがちだけど。

修理して リサイクルするのは とってもやりがいがある。

 

基本的に せどりはサービスを売ってるわけで 仲介業的なものだから。

 

何が今求められているか 何がきているか 流行とか。 そういうものに敏感になれば どんどん収入はあがるだろう。

 

手間はかかるがセット販売に手をつける人もおおい。今では主流になっているけど

 

マンガ 単行本などのセット販売も当時はかなり稼げた。 それと同じ理屈で プライズ品 シリーズ物など 全部揃えて売ると単体価格より跳ね上がる事が多い。

綺麗にして売る 直して売る まとめて売る 購買層の求める事を考えて商材を探せば 自分の歩む道が自然と見えてくるだろう。

 

以前の記事にも書いたが 結局自分が楽しむ事が何より大事だ。

嫌々やっても いいサービスは生まれないし 楽しんでやれば 他の人にも認めてもらえるだろう。

 

と思います。