imanokimoti’s blog

せどらーの日常を思いのままに・・

ニートになる方法。

さて今日は皆が求めてる?

ニートになる方法を僕なりに 考えて書いてみようと思う。

 

まずニートになるには、何が必要かな?

 

 

第一に寄生するもの(親だったり 彼女 彼氏だったり)

第二に莫大な資産を持っている

とこの二パターンがあれば簡単にニートになれる。

 

ただ第一の寄生パターンは 人として生きていくという中での

自制心を限りなく捨てなければ成し遂げれないと思う。

 

ニートになる為の一番簡単な方法はやはり第二の莫大な資産をもっている

これに限る。

まぁ資産がある家に生まれるか宝くじでも当たらない限り

難しい話である。なので結局これも難しい。

 

最後に第三自分の苦にならない仕事をして、生計をたてていく。

正しくはニートでないのだけれど

限りなくニートのよう生活に近づけることができる。

 

その中の候補で 「せどり」というのが存在すると僕は思っている。

 

 

 もちろん本気で物販をしている方や、法人化して人を雇ってる人なんかはまた別なんだけど!

 

ただ自分1人が生きていけるギリギリの範囲を稼いで後はやりたいことを死ぬまでやっていく。

 

そういう考えの人にせどりはお勧めしたい。

もちろんニートだって楽じゃないし、世間との戦いや、自分との戦いに打ち勝ってこそ成し遂げられる職業だと、、

僕は思っています。

 

ニートや無職、引きこもり。どれも似てるけど少し違う。

総じて言えるのは自分との戦いに打ち勝つことで、かなり楽に生きられるようになるということです。

 

まぁぶっちゃけると、どんな職業でもどんな生活でも、自分に打ち勝って、自分を認めれることが出来たなら、それ以上の幸せはないと思います。

 

せどりは仕事の基本、商品の橋渡し的な役割を持っています。

 

ネットや実店舗などで安い商品を探して高い値段で売りつける。

 

こうやって見ると ハイエナのような 感じがしますが、そこは人の感性 感じ方です。

 

よく知り合いに話すとゴミ拾いやん!

人生の底辺やな! そんなの事するくらいならホームレスになった方がましだ!

 

一生工場でこき使われた方が、まだ社会に貢献できる!

 

みたいに笑われますが、そこで挫けてまた社会に戻るのか、それとも自由な時間を得てじぶんと向き合うのか‥

 

正直どんな職業につこうが 不安はあります。

 

どんな大企業でも どんな富裕層の人でも悩みは不安はあります。

 

だったら自分が一番生きやすい環境を選べばいいと思うんですよね。

 

人がなんて言うかなんて関係ない、自分自身が誇りを持てたらそれ以上の事ってないです

 

けどそこが一番難しいとこでもあります、やはり人は一人では生きていけないし。

 

誰かと同じことをしてないと 本当にこれでいいのか、と不安に落ちていくものです。

 

そういう意味でもせどりで生計を立てていくのは かなりの不安やストレスと戦うと思います。

 

でもここでどうするか。

 

妥協はよくないです、かと言って自分の気持ちを殺すのもよくない。

 

 

そうです。

ここが大きな分かれ道だと僕は思います。

人によって幸せの形は、人数分ありますし。

幸せの数は、その人だけで何通りも存在します。

この幸せに気付くのは、ちゃんと自分自身と向き合えて。

胸を張って生きている瞬間に生まれるものだと思っています。

 

まぁつまり、ニートになる方法にしても医者になる方法にしても。

自分と向き合い、そこに答えを見出すことさえできれば、たいして難しいことでないのです。

 

大切なのは周りの目ではなくて、自分が何を見て、その見たものが自分自身に与える刺激の強さです。

 

やりがいだったり、貢献度だったり、だと思います。

 

終わりww